Logicool M705でドラッグがうまくできなくなった時にしたこと

mouse

長く愛用していますがドラッグがマウスを押しているにもかかわらず勝手に解除されてしまったり、普通のクリックがダブルクリックになったりと非常にいらいらしてました。

調べてみると同じような症状の方が多いようで、メモしておきます。

なぜ起こるのか

この症状の原因は「チャタリング」というらしいです。以下の引用は用語解説ですが、要はスイッチが誤作動をおこしてしまうということです。

チャタリング (chattering) とは、可動接点などが接触状態になる際に、微細な非常に速い機械的振動を起こす現象のことである。原義は、そのような振動により音を立てる(chatter)という意味から。特に、弱電を扱うスイッチやリレーが接続状態になる時に起こるその現象を指す。また離れる時もきれいに一回で離れるとは限らない。またそれによって発生する不安定な信号や、それによって引き起こされる電子機器の現象(特に、誤動作)なども指すことがある。

対処法

電池を抜いて、10秒ほどカチカチクリックすればいいらしいです。私のマウスもこれで直りました(一時的かもですが)

マウスにたまった静電気を抜いているらしいので、電源はオンにしたままやるといいらしいです。

根本的対処法

あくまでも上に書いたものは対処療法なので、できることならば交換してもらいましょう。
最近のマウスは保障期間も長くなっていますので(このM705は3年間)、また再発するかもしれない方法よりは保障期間内ならば交換してもらうのがいいかと。

私は保障期間が3ヶ月過ぎていたので、この方法で延命していきます。

Pocket

関連記事

コメント

    •  
    • 2015年 1月 05日

    同じ現象に遭遇していたので非常に参考になりました。
    情報ありがとうございます。

    • たまのぱぱ
    • 2016年 3月 10日

    ほんとだ、とりあえず治りました。感謝します!
    MX™ 1100コードレス レーザー マウス
    Windows10 x64

  1. この記事へのトラックバックはありません。