XMedia Recode PS3で高画質に再生する動画を作るには ~応用~

ps3

プレステ3はゲーム機としても使えますし、動画を再生するメディアプレイヤとしても優秀ですが再生できる規格が限定されてしまいます。ですので、できるだけ高画質に、高音質にXMedia Recodeを使ってエンコードを行うやり方をメモしておきたいと思います。基本的にmp4を基本として、細かい設定などを見直していきたいと思います。かなり長い記事となっているので、がんばってついてきてください。

基本的な操作方法は、前回の記事を見てくださいね。

[簡単]XMedia Recode mp4に変更するためのまとめ~基本~ | きまぐれPCライフ[簡単]XMedia Recode mp4に変更するためのまとめ~基本~ | きまぐれPCライフ

形式

プロファイル

まずはプロファイルで「Sony PlayStation3」を選びます。

詳細は元の画質と同じにしましょう。たとえば映画ならば1920×1080なので1080p

1280×720ならば720pにしましょう。

右側に「Mux ストリーミング -Fast Star」とありますが、初期設定ではチェックされていなため個人的には必要ないと思っています。

12

ビデオ(一般)

13
フレームレートは「オリジナルを保持」。コーディングやカラーモードは設定できないので、そのまま。

レート調節モード

平均ビットレート・・・標準の設定です。なるべく劣化を防ぎたいので今回は使いません。

2Pass平均ビットレート・・・今回使います。1回目に高速で一度エンコードを行い調査した後、2回目にエンコードを行います。

今回はビットレートを制御しやすい2つから選んでいます。

 プロファイル

Mainのまま

レベル

それぞれのレベルにおいて処理の負荷や使用メモリ量等を表すパラメータの上限が定められ、画面解像度やフレームレートの上限を決定している。

Level4.1を選びましょう。ps3はLevel4.2にも対応しているということですが、下の表を見てください。

4.0 Baseline/Main 20Mbps 、 High 25Mbps 、 1280×720 68.3fps 、 1920×1088 30.1fps

4.1 Baseline/Main 50Mbps 、 High 62.5Mbps 、 1280×720 68.3fps 、 1920×1088 30.1fps

4.2 Baseline/Main 50Mbps 、 High 62.5Mbps 、 1920×1088 64.0fps

5.0 Baseline/Main 135Mbps 、 High 168.75Mbps 、 1920×1088 72.3fps

Level4.1では1920×1088では30.1fpsとなっており、4.2では64fpsとなっていることがわかると思います。4.1と4.2の違いはこれだけです。

映画は24fps、アニメやテレビなどは約30fps(29.97fps)なのでLevel4.2は必要ないのです。

プリセット

標準でいいと思います。エンコードの時間と動画の品質が変わります。

さすがに最高速よりは低速のほうが画質はいいと思いますので、自分が我慢できる時間に設定すればいいかと思います。

プリセットの設定によるエンコード時間の変化

Tune

基本は「Disable」でいいと思います

設定してもほとんど変化はないと思うので、好みに合わせていろいろ試してみるといいでしょう。

キーフレーム間隔

重要らしいのですが、あんまり意味がわかっていないので放置しています。「0」にしているとAutoになるので、このようにしています。

最小GOPサイズ

「0」でAutoモードにしています。

ビデオ(レートコントロール)

20

VBVバッファサイズ

これもそのうち検証します。難しいです

VBV最大ビットレート

これを設定するとネットワーク経由などでビットレートが高すぎると再生できない場合に役に立ちます。

この画像の32000ならば32000kbpsとなるのですが、よくわからないならばビデオ(一般)で設定したビットレートの2倍くらいにしておけばいいと思います。

 音声

19

コーディングはAACしか選べません。AACは低ビットレート(128kbps)くらいならばいいのですが、高音質を求める場合にはあまり向いていません。

AACは人間には聞こえにくい高音部をカットして情報をカットしいて圧縮しているので、いくらビットレートを高くしても限界があるためです。

サンプルレート

基本は「48000」または「44100」を選ぶ。

サンプルレートとは、一秒間に何回音を採取するかの基準です。

ちなみにCDは44.100kHzつまり44100なのです。

チャンネル

「Stereo」を選びましょう。「5.1ch」を選べる場合もあるですが、これを選ぶとチャンネルアサインの配置がまちがっているためか人の声が変な場所から聞こえてきたりとするため、使わないほうがいいです

レート調節モード

「平均ビットレート」を選びましょう

ビットレート

「320」でいいと思います。ですが、バグなのか実際には220kbpsくらいにしかならないため、あんまり意味ないかもです。

MPEG Version

「MPEG-4」を選びましょう。「MPEG-2」は古い規格なので、こっちを選びましょう。

その他

画像のとおり、初期設定のままでいいでしょう。

ほかにわかったことなどがあったら、追記していきたいと思います。
参考サイト

プロファイルレベルについて
MobileHackerz Knowledgebase Wiki
XMedia Recodeのビデオ設定
kozugekere:サイトマップ

Pocket

関連記事

コメント

    • マニア
    • 2016年 4月 24日

    5.1ch音声のエンコードをしたいなら、チャンネルオーダーモードを「無効」にして、
    AAC(FLAC)以外でエンコードするようにすれば、大丈夫だと思います。

  1. この記事へのトラックバックはありません。