容量無制限のBitcasaが10倍に値上げで課金1週間経たずに終了

Bitcasa-Logo-Green

容量無制限で話題だったbitcasaが突然料金プランの見直しを発表し、いままで容量無制限プランが年間約1万円だったのもが10万円となりました。私は発表1週間前にアカウントを購入したので、唖然としてしまいました。

料金プランは以前から契約している人は更新し続ける限り料金はそのままとのことですが、まあ突然料金を10倍に引き上げる会社のことなんか信用できませんので、別の方法を模索中です。

発表内容

クラウドストレージサービスの「Bitcasa」が19日、新料金体系を発表した。

Bitcasaの特徴でもあった容量無制限の有料プランは、従来は月額10ドルまたは年額99ドルだったが、新料金では月額99ドル または年額999ドルとなっている。なお、すでに既存の容量無制限プランを契約・支払い済みのユーザーは、従来通りのプランが継続して適用されるという。

また、無料プランは容量10GBだったが、新プランでは5GBに半減。ただし、友人を紹介することで最大20GBまで増量される。そ れより多い容量が必要なユーザーには、1TBで月額10ドルまたは年額99ドル、5TBで月額49ドルまたは年額499ドルの有料プランが新たに用意され た。

http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20131120_624470.html
00

みなさんはどうされますか?

実質的な値上げとなったわけですが、これでも他社のサービスと比べると安いから納得せざるおえません。Dropboxは100GBで年間一万円なので、Bitcasaの1TBが年間1万円なのと比べるとこれでも安いのです。

容量無制限という甘い蜜に吸い寄せられて見事にはまってしまい、若干オンラインストレージサービスに不信感を抱いてしまいました。こうも簡単に値段を変えられてはデータを安心して預けることができません。大事なデータという人質をとられて、高い料金でも払わざるおえないという人もいるかもしれません。

やはり大事なデータというのは自分でちゃんと管理するべきだということを痛感させられたニュースでした。

Bitcasaのかわりとなるものは

容量無制限のものはほかにもあるみたいですが、まあどれも実用レベルじゃないかなというのが現実です。2重3重にバックアップをとり、サーバを保持するなんてことはお金がかかりますからね。土台無理な話だったのでしょう。嘆いてばかりもいられないので、代わりに何かないかな、と模索中です。

現在はMicroServerを買って、そこにHDDを5台つんでFreeNASかNAS4FreeでRaid Zでも構築しようかなと思ってます。

MicroServerを使ってHDD5台のRaid-Zを構築してみた(準備からハードまで) | きまぐれPCライフMicroServerを使ってHDD5台のRaid-Zを構築してみた(準備からハードまで) | きまぐれPCライフ

自分の技術レベル的に自作でファイルサーバを作るのはつらいので、既製品から探してみました。サーバなので高いものが多いのですが、OSなし・省電力・低騒音なものでHPのMicroServerというものがあり、これで運用しようかなと思っています。OSもどうせなら無料がいいなと、Linuxにしています。現在はVMwareでどんなものかテストしていて、どちらのOSにするか決めるところです。

新モデルが出て、下の画像の旧モデルがすごく安くなっていて、1万6千円くらいで買えてしまうから驚きです。自作しようものなら、いいケースを選ぶとそれだけで1万から2万はしますからね。
CPUもあまり強力ではないですが、せいぜいファイルサーバとして使うならば十分実用レベルなんじゃないと思っています。ほかの方のブログでもこの商品は多く取り上げられていて、愛用者が多いこともあって情報には困らないと思います。
HP ProLiant MicroServer N54L (TurionII NEO N54L 2.2Ghz/2GB/250GB)

まとめ

オンラインの保存サービスもいつサービス終了するかわからないですから、大切なデータは自分で管理することが大事だと思います。もちろん容量が少なければ外付けHDDを買うだけでいいので、ここまでする必要はないでしょう。あくまでraid-5やraid-6などで大量のデータの冗長性を持たせるためのシステムです。大体ですが、8TBくらいの容量がほしい人は自宅サーバを検討されるといいと思います。

ここまで書きましたが、やはり自宅サーバはメンテナンスや管理が面倒だし、データが消えるときは消えてしまうのでそこまで安心というわけでもありません。数年前には”クラウド”という単語が流行ったくらいなので、もっと大盤振る舞いのサービスが出てほしいものです。

Pocket

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。