動画の名前を、サブタイトル付きに半自動で変更する方法

スクリーンショット_072914_084206_PMアニメなどの動画を集めていると、サブタイトルなどの情報があったほうがわかりやすいですが、手作業でやると大変なものです。
今回は自分でほとんど入力することなく、話数やサブタイトルを動画の名前にする方法を紹介します。
ソフトはファイル名を変更するソフト「E-Rename」を使用します。

今回できること

このようなフォルダの名前を
スクリーンショット_2014-07-29_19.02.09_072914_070345_PM
1分でこのように
スクリーンショット_2014-07-29_20.34.06_072914_083506_PM
変更することができます。

テキストエディタでファイル名を変更できるソフト「E-Rename」

これを用いることで、メモ帳やExcelでファイル名の変更を行うことができます。無料で利用できるソフトなので安心です。
スクリーンショット 2014-07-29 18.56.16
ダウンロードページ

「E-Rename」の簡単な使用方法

例えばこのようなフォルダの中に動画ファイルがあります。

スクリーンショット_2014-07-29_19.02.09_072914_070345_PME-Renameを起動し、変更したいフォルダのファイルを、ドラッグ&ドロップします。
「新規編集」を押すと、「リストファイルの拡張子」で指定された拡張子に合わせたソフトウェアが起動します。

スクリーンショット_2014-07-29_19.02.34_072914_070508_PM今回は拡張子が「.txt」となっているので、メモ帳が起動しました。

スクリーンショット_2014-07-29_19.07.14_072914_070923_PMその後、ファイル名を自分が好きなように変更します。

スクリーンショット_2014-07-29_19.08.49_072914_070938_PMそして上書き保存をします。

スクリーンショット_2014-07-29_19.09.03_072914_071023_PMメモ帳を閉じたあと、E-Renameのほうで「適用」をクリックすると

スクリーンショット_2014-07-29_19.10.46_072914_071109_PM
このように反映されています。
スクリーンショット_2014-07-29_19.11.25_072914_071140_PM

Excelを利用してもっと簡単に入力する

先程の例では、メモ帳を利用していたのでファイルをいちいち指定してファイル名を変更する手間は省けましたが、結局手入力しなければなりません。
なのでExcelの便利な機能を用いてもっと簡単に、半自動でできるようにします。

ソフトウェアの設定指定

E-Renameのリストファイルの拡張子を「*.csv」を指定してください。
編集の際に、元の名前も見れるように、項目の「元の名前」にもチェックをつけ、新規編集を行ってください。
スクリーンショット_2014-07-29_19.22.00_072914_072241_PM

Excelでの画面について

Excelが開くとA列には「編集した後、変更される名前」、B列にはさきほどオプションで設定した「元の名前」が出ています。
※編集はA列のみ反映されるため、列が増加しても問題ありません。スクリーンショット_2014-07-29_19.25.58_072914_072648_PM

サブタイトルの入力

世の中には、よいサイトがいろいろあるので、それを使用させてもらいます。
「YouTube, アニメ」などで検索すればサブタイトルが載っているページにいけると思います。

これを自分が持っているところまで、選択し、コピーしてきて、Excelに貼り付けます。
スクリーンショット_2014-07-29_19.31.43_072914_073213_PM
その際、C列の一番はじめC1に貼り付けてあげると、いいでしょう。
スクリーンショット_2014-07-29_19.36.08_072914_073649_PMこのまま手動で消していってもいいのですが、せっかくなのでExcelの機能を利用します。

Excelの便利な機能: 特定の文字の消去

今回の場合は「[Wat][Veoh]・・・」の文字列が邪魔です。なのでこれを消去します。

まずは「Ctrl + F」を押して「検索と置換」を出します。消したい文字を入力した後、「すべて検索」をクリックします。
すると、下の方に検索に合致したものが出てきます。
スクリーンショット_2014-07-29_19.40.58_072914_074217_PM
合致したものを一つ選択した後、「Ctrl + A」を押して全選択します。
スクリーンショット_2014-07-29_19.44.52_072914_074526_PMすると、「閉じる」を押した後も検索に合致したものが選択されたままになっています。

スクリーンショット_2014-07-29_19.47.19_072914_074745_PM選択された場所で右クリックを行い、消去を選択します。
スクリーンショット_2014-07-29_19.49.53_072914_075117_PM「上方向にシフト」を選択
スクリーンショット_2014-07-29_19.52.39_072914_075302_PM
すると、いらないものが綺麗になくなりました。
スクリーンショット_2014-07-29_19.52.49_072914_075323_PM

Excelの便利な機能: 空白の消去

いらない文字はなくなりましたが空白が残ったのでこれを消去します。
まずは、画像の部分をクリックし、C列を全選択します。
スクリーンショット_2014-07-29_19.57.20_072914_075758_PM「Ctrl + G」を押すと、ジャンプというものが出てきます。
「セル選択」をクリックします
スクリーンショット_2014-07-29_19.59.13_072914_080006_PM
「空白セル」を選択し、OKを選択する
スクリーンショット_2014-07-29_19.59.24_072914_080023_PMすると、空白のものが選択状態になります。

これを、先ほどと同じように右クリックし、「消去」を選択して、「上方向にシフト」を選択して、消去します。

この画像のようになっていればOKです。
スクリーンショット_2014-07-29_20.04.33_072914_080457_PM

最終作業: A列に名前を移す

A列にある名前がファイルの名前として反映されるため、A列にタイトルとサブタイトルを付けなければなりません。
なので、次のような作業をします。

A1の欄の部分に

=” タイトル  第 ” & c1

のように入力します。文字列は” (ダブルクォーテーション)の中に入れ、それを& (アンド)でC1にあるサブタイトルと結合させます。
スクリーンショット_2014-07-29_20.09.53_072914_081050_PM
そして画像のようにして、オートフィルします。
スクリーンショット_2014-07-29_20.15.42_072914_081710_PMするとすべて入力された状態になります。
スクリーンショット_2014-07-29_20.19.51_072914_082019_PM
その後、Excelを上書き保存し、E-Renameの「適用」を押します。

エラーメッセージ: ファイル名が不正です

編集を行って、適用を押すとエラーが出ることが有ります。
スクリーンショット_2014-07-29_20.26.23_072914_082701_PM
この画像の場合は3行目のファイル名に不適切なものが使われているため、エラーが起こりました。
このエラーの原因は、ファイル名で半角の?が使用できないのに、使用しているためでした。

まとめ

E-Renameを用いることで、アニメなどの動画名を簡単に変更する方法を今回紹介しましたが、そのほかにもいろいろな応用が聞くと思います。
また、Excelを用いているため、マクロなどを用いて自動化すればより簡単になるかもしれません。
より発展させて使っていただきたいです。

Pocket

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。