WoTのバージョン9.3での変更点をまとめてみた

9.3アップデートが来ましたので、中身の情報を更新して、変更点をまとめてみました。
公式の方ですと、ごちゃごちゃ書かれていてわかりにくいので、わかりやすくいらないような情報は省いてのせていきます。

[バージョン9.3] WoTのおすすめmodと入れ方をまとめてみた | きまぐれPCライフ[バージョン9.3] WoTのおすすめmodと入れ方をまとめてみた | きまぐれPCライフ

KV-1SがTier6からTier5に変更

ソ連重戦車KV-1SがTier6からTier5に変更になります。
代わりに、新しいソ連重戦車KV-85がTier6に追加されます。
現在KV-1Sを持っている方は、KV-85に変更されると思います。

スクリーンショット 2014 09 06 03 35 16 090614 034214 AM

KV-85

ソ連Tier6重戦車のKV-85です。
HPは870と、KV-1Sの810から60上がっています
装甲は変わっていません。
最高速度が43km/hが34km/hに低下
主砲が大きく変わり、122mm D-2-5Tは残されましたが、発射レートが3.75から3.00に低下。
さらに俯角が8°から3°になります。
このように、より慎重な立ち回りが要求されるようになります。
また主砲の選択肢として100mm砲が追加され、貫通170mmのダメージ250、発射レート7.89のものがあります。

スクリーンショット 2014 09 06 03 37 06 090614 034306 AM

KV-1S

ソ連Tier5重戦車のKV-1Sです。
基本スペックはKV-1と似ていますが、砲塔の装甲が薄くなり、エンジンの馬力が上がっているため、最高速度はKV-1が34km/hに対し、43km/h出るようになっています。
主砲などもほぼ同じで、軽量化されたKV-1です。

スクリーンショット 2014 09 06 03 48 21 090614 034952 AM

車両の追加

アメリカ: T37 (Tier6)、M41 Walker Bulldog (Tier7)、T49 (Tier8)
ソ連: LTTB (Tier7)、Т-54 lightweight (Tier8)
ドイツ: Spahpanzer Ru 251 (Tier8)

T37 (アメリカ Tier6)

アメリカのTier6軽戦車、T37です。
最高速度は66km/h
主砲は、通常の76mm砲とマガジン式76mm砲の2つが選択肢にあります。
通常は、貫通150mmのダメージ115で、発射レートが18.18のもの
マガジン式は、5発で2秒間隔、完全装填20秒で、貫通137mmのダメージ115となっています。

スクリーンショット 2014 09 06 05 14 21 090614 052042 AM

M41 Walker Bulldog (アメリカTier7)

アメリカのTier7軽戦車、M41 Walker Bulldogです。
最高速度は72.4km/h
主砲は、通常の76mm砲とマガジン式76mm砲の2つが選択肢にあります。
通常は、貫通175mmのダメージ150で、発射レートが17.14のもの
マガジン式は、10発で2秒間隔、完全装填32秒で、貫通175mmのダメージ150となっています。

スクリーンショット 2014 09 06 05 14 34 090614 052111 AM

T49 (アメリカ Tier8)

アメリカのTier8軽戦車、T49です。
最高速度は72.4km/h
主砲はなんと152mmを搭載しており、貫通76mmのダメージ910、発射レートが2.61となっており、弾はHE,HEATとなっています。
精度はかなり劣悪で玄人向けですが、もし使いこなす人が出てくるとかなりの脅威になりそうです。

スクリーンショット 2014 09 06 05 14 42 090614 052141 AM

Spahpanzer Ru 251 (ドイツ Tier8)

ドイツのTier8軽戦車、Spahpanzer Ru 251です。
最高速度は80.0km/h
主砲は90mmを搭載しており、貫通190のダメージ240、発射レートは9.68となっています。
ドイツTier8中戦車Indien-Panzerと比べると、貫通こそ低いものの、発射レート照準速度で勝っています。

スクリーンショット 2014 09 06 05 14 54 090614 054830 AM

LTTB (ソ連 Tier7)

ソ連Tier7軽戦車、LTTBです。
T-34-85を一回り小さくしたような戦車で、主砲は85mmを搭載
貫通170mmのダメージ180で、発射レートは11.76となっています。
Pantherのように長い主砲が特徴的で、最高速度は68km/hとなっています。

T-43と比べたのですが、車体正面に関してはこちらのほうが厚くで、砲塔も同じ。
側面を薄くして軽量化をはかっています。
(LTTB 車体90/45/40、T-43 車体75/75/75)
主砲も同TierのT-43やKV-13の上位互換の主砲です。(こちらは貫通144でダメージ、発射レートともに同じ)
ですが軽戦車扱いのため、Tier10まで飛ばされることがあり逆に辛いかもしれません。

スクリーンショット 2014 09 06 05 16 50 090614 054855 AM

Т-54 lightweight (ソ連Tier8)

T-54の軽戦車版で、T-54の初期砲塔の姿と見分けがつきません。
主砲は100mmを搭載し、貫通175mmのダメージ250、発射レートは7.5となっています。
最高速度は58.7km/h 68.7km/hで、砲塔は正面160mmあります。
[追記]
9.3#2でT-54 lightweightの最高速度が10km/h上がりました

イメージとしましては、エンジン出力を上げたType59です。

スクリーンショット 2014 09 06 05 17 32 090614 054923 AM

強化

Object430 (ソ連Tier10)、M6A2E1 (アメリカ配布Tier8)、T92 (アメリカTier10)

Object430

・装填速度が6.9秒から6.4秒に変更
・砲塔旋回時のレティクルの拡散を25%減少
など

T92

・移動の際の性能を15%程度増加
・車体旋回時のレティクル拡散を11%減少

弱体化

Hellcat、Т18、FV304、T57 Heavy

Hellcat
・装填速度が8秒から8.5秒に変更
・移動の際の性能を低下
・最高後退速度を20km/hから12km/hに変更
・移動や車体旋回時のレティクル拡散を60%程度増加
・砲塔旋回時は25%増加
など

T57 Heavy
・移動や砲塔旋回時のレティクルの拡散を30%増加
・照準時間を2.7秒から2.9秒に変更

T18
・移動の際の性能を40%低下
・最高後退速度を8km/hから6km/hに変更
・装填速度を2.1秒から2.5秒に増加
・HPを125から120に変更
・レティクルの拡散を17%増加
など

FV304
・旋回速度を24から22に変更
・移動性能を8%減少
・照準時間を4.5秒から4.8秒に変更
・装填時間を12秒から13.5秒に変更
など

その他

・非スポーツマンシップ(自滅など)の処罰拡大
・優等マークの取得基準を低く設定
・トランスミッションが車両前部にある一部Tier VII~X車両がその部分に被弾した際に発火する現象を修正

・跳弾や非貫通の被弾を受けた車両に戦闘ボーナスを付与。車体に被弾し、耐久力にダメージが入らなかった場合のみ適用する
・Tier VII ドイツ駆逐戦車Pz.Sfl.V の名前をSturer Emilに変更
・Tier V アメリカ軽戦車 M24 Chaffee の性能を調整
・マップ「ムロヴァンカ」の広くなった

HDモデルの追加

ISU-152、 Т-34、 IS-7、M3 Lee、M5 Stuart、Jagdpanther

IS-7の機銃が折りたたまれていました。

スクリーンショット 2014 09 06 06 46 46 090614 064712 AM

まとめ

この内容で満足出来ない方は
World of Tanks 9.3リリースノート
を見よう

追記
2014/09/14 戦車の説明を追加
2014/09/15 9.3#2に伴う追加
2014/09/25 9.3リリースに伴う内容修正
Pocket

関連記事

コメント

    • ここの情報にたよりっぱなしの人
    • 2014年 9月 06日

    おお!!
    さすがお仕事が早いですね。
    参考にさせていただきます^^

      • 管理人
      • 2014年 9月 06日

      そう言っていただけるとありがたいです
      今後もよろしくお願いします

    • udon
    • 2014年 9月 09日

    152mmの軽戦車って・・・。このままのスペックで実装されたら脅威になりそうだな。

    • kkt
    • 2014年 9月 12日

    またMod入れなおしですか・・・

    • JPNW
    • 2014年 9月 17日

    日本戦車ツリーに重戦車や自走砲が追加されるのは何時になることやら…

  1. テスト鯖にMODを入れることって可能ですか?

      • 管理人
      • 2014年 9月 21日

      バージョン9.3に対応していればできると思います。

  1. この記事へのトラックバックはありません。